KOEKBOYA 草木染についての詳細解説

KOEKBOYA

KOEKBOYA

Natural Dyes and Textiles
Harald Bohemer 2002年/ 130$
ISBN975-17-2790-1

キリムのモチーフの研究がソフト面なら、こちらはハードな「染色」についての大研究。
副題にColor Journey from Turkey to India and Beyond.とありますが、
世界中の草木染についてこれ以上ないというほど、写真と細かな解説が載っています。
(化学式で解説されても困る?)
タイトルのKOEKBOYA(クックボヤ)はトルコ語で根から染めたもの(=草木染)の意味。
この本の出版者は、DOBAG(ドバッグ)というトルコとドイツが共同で行っている
「天然染料を研究し復活させるプロジェクト」なのです。

KOEKBOYA
私たちがアンティークキリムと呼ぶ19世紀のキリムは、100%天然染料が使われていますが、
20世紀に入ってからの合成染料の登場で、天然染料で染める技術の多くは、忘れ去られてしまった… 
その技術を取り戻すべく、インドから東南アジア、果ては南米まで、
現在も残っている草木染の技法を追いかけた研究の成果です。

ドバッグプロジェクトの最終目標は、トルコの伝統的なデザインを草木染で織った
カーペットやキリムを国際市場に出すこと、そして村の女性たちの国際的社会的を向上すること、
とされています。

この本は、はっきりいって退屈です。アカデミックすぎます!
でも、キリムということを超えて、染色の研究をされている方には、ものすごく貴重な資料に
なることは間違いありません。本当に詳しい!(コチニールとか貝紫とか少々記述アリ)

私にとっては、現在とこれからの、トルコの絨毯やキリムというひとつの産業が
どうなっていくのだろうというところで、興味深い一冊でした。

続きを読むKOEKBOYA 草木染についての詳細解説

KILIM The Complete Guide

Alastair Hull, Jose Luczyc-Wyhowska 1993年/ 60US$


キリムの百科事典的なつくりになっていて、まさにCompleteガイド!
自分の好みに偏らずにとにかく幅広くキリムを紹介したいという作者の企みがわかります。
マグレブからアフガンまでほとんどの地域のキリムを見ることができます。
ヘイベやチュアル(袋もの)についてまで、記載されているのも嬉しいですね!
織りの技術的な解説もかなり詳しく、イラスト付で紹介されています ↓

巻末に協力してくれた世界中のキリムコレクターとディーラーのリストがあるのですが、
イギリスの店の数がすごい!
やっぱり、すばらしいアンティークキリムは、すでにトルコやイランには
残っていないのかな…と思ってしまいます。キリムが注目されて、
コレクションされるようになってからの歴史が長いですからね。
いつかは、キリムを探しにいくには、イギリスやイタリアを回らなくてはいけなくなるのかも?
2000年にペーパーバック版が出て、手ごろな値段になりましたので、
ぜひ手元においてお勉強してくださいね。

ANTIQUE KILIMS of Anatolia

ANTIQUE

ANTIQUE KILIMS of Anatolia

Peter Davies 2001年/ 55US$

2001年発行のアンティークキリムのカタログ本。半年前から予約して買いました。
掲載されているのは70ちょっと。このコレクターの好みでしょうか、
均整がとれていて繊細・上品なピースが多いのが特徴です。

チェイレキというお祈りサイズのコレクションが特にGOOD!
3メートル4メートルあるようなキリムは、ちょっと豪快さが物足りない感じです、私としては。
本の前半の半分以上はキリムについての詳しい解説です。
もちろん英語。これを全部読めば、何を聞かれても怖いものなしなんだろうなぁ。
でも写真を眺めるばかりです。

この本の中のPlate63がとくにお気に入りです。機会があれば皆様も見てみてくださいね。
 ⇒アマゾンで手に入れる

ANATOLIAN KILIMS 1,2

anatolian

ANATOLIAN KILIMS 1,2

ISBN
Price 2冊で80$

トルコの文化省出版しているカタログ本。
100%写真ページなので、キリムを見て楽しむには一番。
新しいキリムは、博物館キリムのモチーフを参考に織られているので
トルコのお店などにはたいていこのカタログが置いてあります。
キリム産業に携わる人向けの本かもしれないですね。
掲載数は約200!
それぞれのキリムには何のモチーフが使われているか表記されていますが、
そのほかの解説はほとんどないのが残念です。
anatolian
いわゆるリプロダクションと呼ばれるキリムの生産が盛んになったのも
この本の発刊が大きく影響しているといってもいいでしょう。
現在は、残り部数が少なく、手に入りづらい状況です。

続きを読むANATOLIAN KILIMS 1,2

KILIM HISTORY AND SYMBOLS

KILIM HISTORY AND SYMBOLS

Dario Valcarenghi 1994年/ 65US$
アンティークキリムのカタログ本の中でも、最高の5つ星と評価したい、素晴らしい一冊。
19世紀の大型キリムを中心に、状態がよく美しいキリムが多数掲載されている。

廃盤になって数年経つので、なかなか手に入りにくいですが、時々中古で出てくるようなので
探してみてください。