昔ながらの革靴? フォークロア・コスチューム

turkish
イスタンブールで、古い時代の製法で今も靴をつくっている、頑固な職人さんに出会いました。
革職人の家に生まれて、今も自分は革職人として仕事をしている・・・ ということに
とても誇りを持っている話してくれた彼は、
商品についても、ものすごく“こだわり”が あるのだそうです。
 (写真撮影は拒否されちゃいました。。。)
さてさて、その革靴ですが、現在一般的なゴム底の靴が普及する前の、
古い時代の靴で、カタチも今とはちょっと違っています。
日本で言えば、誰もが和風の着物を着ていた時代の、
草履とか、わらじ といったところでしょうか。
トルコの民族衣装は、イスタンブールから南西部にかけての西側エリアと、
中央から黒海側の東北エリア、南東部のクルディッシュエリア(またはアラブ風)で
だいぶ雰囲気が異なります。
ご紹介している、革の靴は、資料で見てみると、西側エリアに見られるタイプで、
男性・女性ともに、似た形の靴を使っていたようです。
この西側エリアの民族衣装は、現在のブルガリアをはじめバルカン半島の広いエリアに
共通点があり、今ではフォークダンスの衣装で見ることができます。
↓ フォークダンスの様子をちょっぴり拝借してきました
turkish
こちらは、トルコ・イズミール風
turkish
こちらは、ブルガリア。
スカートを重ねて、エプロン飾りをつけているのが特徴です。
turkish
こちらは、トルコ・シワス風(黒海のほうのエリア)。
男性はブーツを履いてますね。
turkish
こちらは、トルコ・テキルダア風。
編みこみの靴下に注目!!!
昔の靴は、「くつ」といっても、カバーみたいなイメージだったようで、
分厚い編みこみの靴下を何枚も重ねて履いて、その外側を覆うように
革の靴を履いていたんですね。
女性用でも、サイズがとっても大きいのは、そのためなんです。
turkish
こちらは、マケドニアの民族衣装のイラストです。
男性ですけれど、手の込んだ編みこみのウールの靴下を履いて、
その外側を革靴で覆っているのがわかります。
日本では、毎日使う実用品とはいかないかもしれませんが、
室内履きにつかったり、ディスプレイしてみたり、アレンジできそうです。
ページでは、アンティークコーナーに並べました?
アナトリアン・フォークシューズ

続きを読む昔ながらの革靴? フォークロア・コスチューム

イーネ・オヤ レースの小花のトルコスカーフ

花畑のようなオヤ

以前から探していた、古い時代のオヤスカーフをついに見つけました!

さまざまな形のオヤは、咲き乱れるお花畑のようでしょ?

 

■オヤ(OYA)とは—-

アナトリアの伝統的なスカーフです。細かく言うと、スカーフにつけられた
レース編みの小花のところが「オヤ」。

女性が普段使いで顔を縁取るように巻いて使っていたものや、
婚礼のための華やかなもの、そしてお祭りの時には、男性も腰や帽子に
オヤを華やかに飾っていました。

 博物館にはこんなオヤの展示があります。豪華です♪
伝統的なオヤ 伝統的なオヤ 伝統的なオヤ
真ん中はヒゲがあるから男性!!

今回ご紹介するのは、約40-60年ほど経ったシルク糸を使ったものが中心です。
中のガーゼ状のスカーフは、未使用のものに取り替えてありますので、
きれいにお使いいただけます。
木製のスタンプで花のデザインを染めてある、古いスカーフに取り付けたものです。

商品はこちら