メフメット・ギュルソイ氏 略歴紹介



ギュルソイ氏の作品のページへ

これまでの展示会

2008 August, Japan (←ガラタバザールへ来店されました!)
2007 September ,Houston Turkish Festival, Texas
2007 July Pendik Traditional Art Festival,Istanbul
2007 May Four Seasons Hotel, Chicago
2007 May Chicago Turkish Festival, USA
2007 March Oklahoma City University, USA
2007 January Muscat, Oman
2006 September Four Seasons Hotel, Chicago
2006 September Turkish Festival, Chicago USA
2005 September Chicago USA
2005 September Wisconsin University Madison, USA
2005 May, Turkish American Association Ankara
2004 September, Turkish Festival, Washington USA
2004 October, Vienna
2004 January, Dubai
2003 July, Aberystwyth Art Centre, Wales U.K
2002 July, North Caroline Art Museum, USA
2002 June, Smithsonian Folk Life Festival, Washington DC USA
2000 February, Singapour
1999 December, Hamburg Ethnographical Museum, Germany
1999 November, K

スルタンの水差し

ハンドペイントの陶器に、手打ちの装飾の入ったメタルで口をつけた
雰囲気たっぷりの水差し。

雰囲気たっぷりのオブジェです!
サイズは、44cmの高さの大型のものと、28cmの中型。
どちらも見栄えのするゴージャスな感じです。

陶器のデザインが、手書きなのはもちろんですが、
メタルの部分もすべてひとつずつデザインを打ち込んである手作りなので、
すべて表情が違います。

商品はこちら

17世紀、オスマントルコ時代に、スルタンたちの邸宅で使われていた
陶器の様子が描かれた細密画が残っています。

商品はこちら

古典柄が美しいブルーフラワーの手書き絵皿

ブルーフラワー / 古典的花柄とシンプルモダンを合わせて

窯の前でお皿を見せてくれた職人さん
2002年夏のこと? お客様から「トルコの陶器に興味があります!」というメッセージをたくさんいただいていましたので、トルコ陶器の産地として有名な”キュターヤ”まで行って参りました。コンヤからバスに揺られて5時間。オトガルにつくなり、いっぱいの陶器が迎えてくれました。
訪ねたのが土曜日だったので、残念ながら工房での絵付け風景は見られませんでしたが、窯から出したばかりの商品をちょっとだけGETできました!「わしが作ったのだ?」みたいな、職人気質のおじさんの顔がいいでしょう?(恥ずかしいのでうつむいてますが)
手書き陶器は基本的には受注生産らしく、あまり在庫されていないそうです。今回は突然おしかけていったので限られた枚数しか手に入らなかったけれど、それでもラッキーでした。今度は予約してから来てねと渡されたカードには、ファックスもEメールもなく・・・これってどうやって予約するんだぁ^_^; 。と、少し不安になりつつも、商品には大満足♪お土産店よりはかなりいいクラスのコレクションになりました。(おじさんが持っているのは自慢の50cm大皿です)(2002.6)

ミレニアムデザイン♪ブルーの陶器

お店の方が”ミレニアムデザイン”と呼んでいたので、当店でもそれに習いましょう。右側の写真で、中央の花の部分はトラディッショナルなモチーフ。丁寧に手書きで仕上げていくのに、熟練した技術と時間がかかります。お皿の全面にお花を描いていくと、価格がすごく高くなってしまう・・・それをシンプルデザインと組み合わせて、バランスよく上手にアレンジしたのがミレニアムデザインというわけです。
確かにこのスタイル、4,5年前から見かけるようになった新しいキュターヤ陶器です。今では、このデザインのほうが観光客には有名かもしれませんね。
カラフルなものもありますが、ここは私の好みでブルーのみのものを選びました!イスタンブールにはお店を持っていない、頑固一徹みたいな窯からセレクト。


絵付け後の皿

ブルーばかりの釉薬

小さめの窯でした

*ブルーフラワーの陶器はこちら

キュタフヤ陶器について

ブルーモスクやトプカプ宮殿を飾る青いタイルが作られた15?17世紀、トルコ陶器産業の中心は、イズニック(IZNIK)という町でした。現存する博物館の陶器のほとんどは、イズニックで焼かれたもので、いくつかの窯はブランドとも呼べるネームバリューで、オスマン王朝の保護を受けていました。
18世紀になると、イズニックでは装飾用のタイルの生産が中心になり、代わって皿やつぼなどが作られるようになったのが、お隣の町キュターヤ(KUTAHYA)です。キュターヤが陶器を作るための良質な土が取れる場所に、より近かったためのようです。キュターヤのj町に近づくと、白い粘土質の崖がたくさん見えてきて、陶器の町に来たなーという印象を受けます。まだまだイズニックタイルの名前に比べると、キュターヤの知名度が低いのが残念です。

ホテルの部屋で予習!参考書は「IZNIK」歴史やデザインなどスーパープロフェッショナルに詳しい本。
トルコの陶器デザインについて、年代順に簡単に見てみましょう。

1480?1520年ごろのデザイン


オスマン朝初期。呉須の藍だけを使った、最も古いデザイン。日本でいえば、初期伊万里のような感じでしょうか。そういえば、トプカプ宮殿には、たくさんの古い日本の陶器が展示されています。スルタンたちのコレクションを研究して、アーティストたちはアイデアを膨らませたのでしょうか。
全体の印象は素朴ですが、点描のようなタッチで塗りつぶされている部分の精密さがすばらしい!
モチーフは一般的にはペルシャから伝わったと思われるアラベスク調のリーフ柄が主流。

1520?1540年ごろのデザイン


日本では、タコ柄にあたるでしょうか。(トルコのほうが繊細な感じですね)。なめらかな曲線のこの渦巻きをごらんくださいませ!もちろん、簡単な下書きはありますが、何年も筆を持っている熟練したアーティストでないと描けないなめらかな曲線です。
このデザインは”Tugrakas Spiral Style(トゥーラカシュスパイラルスタイル)”と呼ばれ、現在でもショップでは人気があるデザイン。同じ時代に、ぶどうのモチーフや葉をアレンジしたモチーフなど、さまざまなパターンが開発されていました。青と白だけをアレンジして描かれたこの時代のデザインは、総称して”Baba Nakkas Style(バーナカシュスタイル)”と呼ぶそうです。(日本でいうと××派みたいな)

1540-1560年ごろのデザイン


新しくグリーンとあずき色の釉薬が入ってきました(おそらく中国から)。デザインも影響を受けたのでしょうか、描かれているモチーフが力強く男性的な感じです。高貴なとか気高いという形容が似合いそう。すごく大人な雰囲気の色調。
オスマン王朝の象徴であるチューリップが登場してくるのもこのころからです(トルコのチューリップはオランダに渡る前の野生種なんです)

1560以降・オスマン王朝最盛期フラワースタイル


イズニック陶器の最盛期。赤が加わり、華やか。豪華!オスマン朝のルネッサンス!! 輝く釉の色、微妙な筆圧から生まれるグラデーション、優雅な曲線。みているだけでうっとりします。
この時代、10年ごとにめまぐるしくスルタンが入れ替わり、それぞれの好みが繁栄されたデザインが採用されたようです。全体としてはチューリップ、ヒヤシンス、カーネーションなどの花を、アラベスク風にアレンジしてあるのが特徴です。
17世紀に入ってからは、中国磁器の絵柄を模倣して鳥やトラが描かれ、ユーロアジアというかオリエンタルというか、さまざまなデザインが現れます。でも、イズニックでは、ついに硬質な磁器が完成することはなかったんですね。今でも、これらの陶器はお料理をのせるお皿ではなく、壁にかけて楽しむ装飾用です。

現代のキュターヤ陶器・トラディショナルデザイン


私の部屋に飾ってあった一枚のお皿、15年前に初めてトルコへ来たときにキュターヤで買ったものなのですが、今回「あ、おんなじ!」とすぐわかるお皿を見つけました。お店の場所などははっきり覚えてなかったのですが、裏のサインで私が持っているお皿と同じ店だとわかりました。
それほどハイクオリティではありませんが、いわゆるキュターヤ陶器ってずーっとこんなイメージだったんですね。素朴な絵付けが、あたたかい感じです。水色や黄緑が使われているアラベスクの色あいがきれい。

21世紀発!カラフルなミレニアムデザイン


さまざまな色のハッピーなデザイン!20世紀末に新しく登場したミレニアムデザインです!カラフルできれいなので、店先でもぱっと目に留まり、今では大人気!
でも残念ながら実は100%の手書きではなくて、輪郭の黒い線をスタンプして色だけ後から塗ったものも混じっているんですね?。今ではほとんどの陶房で作られているデザインなので、比較的手に入りやすいです。といっても、やはり細かくチェックしてしまうとあんまり数がそろわず、ちょっぴりご紹介です。
トルコ・キュタフヤ陶器のページへ