Carpet Design Awards 2012 /Domotex

DOMOTEX の会場内で開かれるCarpet Design Awardsへ。
Domotex
毎年思うのですが、手織りのじゅうたんというマーケットの中で、新しいデザインや試みについて品評するというのは、けっこう難しいものです。
自分の趣味や思考がなかなかそちらへ向かないというか、、、、手織りの絨毯への興味って、その土地の伝統柄だったり、偶然にできあがったユニークなデザインだったり、そういう価値に目が行ってしまうんですよね。
でも、このCarpet Awardの会場へくると、古い時代のものを売買するだけではなく、21世紀の現在も毎日手を動かしてじゅうたんを織り続けている人たちのことを、もっと見よう、もっと知ろうと思うのです。
100年後200年後に、21世紀初頭のじゅうたんとして世界の人が知ることになる… 
そんな一枚を、今ここで目にしているのかも。などと考えながら、各コーナーをまわります。
Domotex
オールド・アンティークのコーナーは、比較的サイズの小さな伝統柄の出品です。
Domotex
右側はゾランヴァリ社のルリバフ。12平米の大型です。
Domotex
この見本市の後に、モロッコ行きの予定があったので、どうしても目に留まってしまう、ハイ・アトラスのキリム。
参加者は、8つのコーナーに展示されているじゅうたんの中から、気に入ったものを1点だけ選んで投票します。結果発表は2ヵ月後。自分の選んだじゅうたんが賞をとるか、楽しみです。
DOMOTEX2012 の公式サイトへ

DOMOTEX 2012 Hannover

今年も行ってまいりました!
ヨーロッパ最大の絨毯の見本市「DOMOTEX2012」です。
Domotex
視察と思って通っていた見本市でしたが、昨年からは、かなり真剣に『仕入れ』をするようになりました。
手織りのじゅうたんの流通量が世界的に減ってきているのは、この見本市の中での「手織り」の出展者が年を追うごとに減ってきていることからも、明らかです。
今やイランに行っても、ピンと来る気に入った商品がいつでも豊富にあるわけではありません。
複数の大型ディーラーが、この日の為にと用意したクオリティの高い商品が並ぶ見本市を、見逃すことはできません!
・・・とはいえ、開催2日目からの訪問とちょっと出遅れてしまった私たち。気合を入れてガンバリマス。
Farhadian
こちらは、昨年からガラタバザールでもご紹介している「ファルハディアン」社。
どちらかというと、ヨーロッパではモチーフやデザインの入っていない、シンプルなカラーが人気だそうです。
Farhadian
Farhadian
ものすごい量のギャベでしょう??
同時に8組ほどのバイヤーが、それぞれの山を開いてもらい品定めします。よそ見していると、ほかのバイヤーさんに取られちゃうことも!!
じゅうたんを開くほうも、見て選ぶほうも、体力と気力の勝負です。
ORITEP
↑おつきあいの永い「オリテップ」社。草木染のクオリティの高いカシュカイキリムをプロデュースしています。今年は私たちのために、小さいサイズのキリムをキープしてくれていました。感謝感謝!
IKTB
トルコからの出展を案内する広告塔。今年は「INNOVATION」と書かれて、新しいデザインをアピール??
昨年に引き続き、トルコ出展者はパッチワークラグを集中的に紹介していました。
(チャイなどに呼ばれている間に、すっかり写真を撮り忘れ… 写真なしです(^_^.)
2日間で、のべ9時間ほど、ひたすらひたすら絨毯とキリムを見続けました。 ヘトヘトです。。
DOMOTEXでセレクトしたギャベやキリムは、4月上旬には皆様にご紹介できる予定です。ぜひぜひご期待ください!
⇒ 続き(後半)

DOMOTEX 2010 Hannover

domotex1001.JPGdomotex1002.JPG
フロアカバーリング=床材に関する見本市 DOMOTEX2010 に行ってきました。
今年のハノーバーは雪景色。
毎回思うのですが、もう少し早い時期に、9月ごろに開催してくれないかしら。
1月にこちらでじゅうたんを仕入れても、日本の寒い時期には間に合わない!
domotex1003.JPG
…でも、見本市に並んでいるのは、手織りじゅうたんだけではなく、
機械織りのものも、フローリングシートも、タイルの床材もあるわけで、
伝統的にやはりこの季節なんでしょう。
今年の手織りじゅうたんのホールは、19?23。
2年前に比べて、だいぶスペースが小さくなりました。
特に印象的だったのは、シルクのじゅうたん=いわゆるペルシャ絨毯が
まったくというほど展示されていなかったこと。
全体に、地味な雰囲気なのは、超ハデハデなペルシャ絨毯の展示がないせいでしょうか。
domotex1005.JPG
でも、各国のバイヤーのじゅうたんセレクトは、2年前より活気があるように見えました!
出展者側のスタッフも、以前に比べると必死に売ろうという気合が漂っていて、
一度じゅうたんの山を開き始めたら、ノンストップで一番下まで開いて見せてくれるのです。
domotex1006.JPG
私たちも、今年は情報収集だけではなくて、しっかりとキリム&ギャッベを買い付けました。
ヨーロッパのマーケットのために、各社が厳選して集めてきた商品ですから、
サイズもそろっていますし、コンディションも良好!
テヘランでは見つからなかったサイズを中心に、セレクトしました。
ドイツからの船便は多少日数がかかりますけれど、
3月初旬には、皆様にご紹介できる予定です。
さてさて、トルコ出展者のコーナーでは・・・
domotex1007.JPG
今年も、あまりにぎわっているとはいえないようです。
ヨーロッパにより近いトルコは、バイヤーさんが直接
トルコに買い付けにくるため、見本市では選ばないということかもしれません。
かく言う私も、トルコで手に入るものは、トルコで買い付けるため
ドイツでは、情報交換でお話するだけでした。
トルコ出展者の今年のオススメは、「パッチワークカーペット」。↓↓↓
アナトリアのオールドカーペットをはぎ合わせてつくるこのパッチワークが
人気なのだそうです。
domotex1008.JPG
写真のブースでも、トルコから持ってきたピースは、壁に飾ってあるものも含めて、
すでに全部買い手がついたんだそうですよ!
カーペットの人気コンテストも、投票してきました。
ゾランヴァリ社のギャベも魅力的だったのですが、
今年は、新しく出品されたグループで、
モロッコのオールドカーペットに一票!
トルコでいう、Tulu トュル に似ていて、ブランケットのような平織りに
つむいでいない羊毛が織り込まれているワイルドなじゅうたんでした。
domotex1004.JPG
DOMOTEX 2010 の様子はこちらでごらんになれます。
DOMOTEX2010のサイトへ

カシュカイの村でオールドギャベを探す

イラン南西部には、テントで暮らしながら、夏冬の移動を繰り返す遊牧民が
まだまだ多く残っています。
でも、その一方で、古くからの遊牧生活を捨てての定住化が進んでいるの事実で、
その傾向は、テヘランに近い北のほうから順に、南下しているようです。
2009年11月、テヘランの仕入先に “デザインの面白いオールドギャベがほしい!”と
リクエストしたところ、シラーズの北部へおよそ200Kmほど行ったところの
小さな村(というか集落)に連れて行ってくれました。
villege1.JPG
村 といっても、日用品雑貨を売る小さな店がひとつあるだけで、
あとは平屋でレンガ造りの家が並んでいるだけ。
まだ、ここに移り住んで間もないといった感じで、モスクの尖塔も見当たりません。
こんなところで、誰かギャッベを売っている人がいるのか???
と思ったら、売っているわけではないらしい?
案内されたのはなんと、フツーの家 !!!
「ここに敷いてある中から、気に入ったのがあったら選んでね♪」
villege2.JPG
でも、これって今、使ってるんじゃないの?
イヤイヤ、そんなことはノープロブレムみたいです?
何点か選んで、値段を聞いてもらいましたが、これが想像よりもかなり高め。
私たちの案内人も、ガンバッて値切ってくれましたが、なかなか手ごわい!!
すでに、欧米のバイヤーが来て、いい価格で買ってくれるのかも。
villege3.JPG
カシュカイの人々の暮らしぶりは、定住した今でもさほど変った様子はなく、
部屋の中には、色とりどりのギャッベが敷かれ、
家財道具はキリムの袋に入れて、丁寧に壁際に並べてありました。
サイズも色も違うじゅうたんを、びっちり敷き詰めるのがカシュカイ風。
自由な感じがいいなぁ。
彼らは、放牧や果物の栽培などで、生計を立てているらしい。
そして女性たちは、テントの前から納屋に場所を移して、
今もじゅうたんを織り続けているのです。
売るために織っているのか、自分たちで使うために織っているのか…
いずれにしても、莫大な手間と時間がかかる絨毯を織る仕事が
今も変わらず続いているのを見て、ちょっと安心しました。
コンクリートの家に移り住んでも、遊牧民の気持ちはそのまま、というところでしょうか。
villege4.JPG
キッチンカウンターの上に、テント生活を偲ぶように、
ミニチュアが飾られていました。ちょっぴり哀愁。
villege5.JPG
villege6.JPG
外へ出ると、道路端でおばちゃんが毛糸をつむいでいました。
“ウチにも買いに来てちょうだい” というデモンストレーション なのかな?
やっぱり、けっこう慣れてるみたい(~_~).
選んだギャッベは、トラックに乗せてシラーズへ。ここから首都テヘランに送って、
クリーニング&修理です。
ここからは、絨毯メンテナンスのプロの仕事。
みなさまのお手元に届く前に、気持ちよくお使いいただけるよう
細かくチェックして品質調整するのです。
village7.JPG
オールドギャベはこちらに掲載しました
*写真に写っているギャベは、すべて買い付けたということではないので、
ご了承願います。
2010.1 たくさがわ

Domotex2008 2日目

ハノーバーの絨毯見本市 DOMOTEX 2日目。

中央駅から開催場所のハノーバーメッセへは、地下鉄で30分弱です。

見本市3日目ともなると、大きな会社はほとんどビジネス終了、といった感じです。
ここで売れた絨毯は、大きなパレットに積まれてヨーロッパ各地へ送られてゆきます。
私も1パレット分ほど、キリムを買い付けました。
新品のキリムばかりでイランの草木染ピースです。
2年前まで、イランの渋いオールドキリムばかりを扱っていた会社は、残念ながら今年は出展していませんでした。
「もう、古いキリムでイイモノはなかなか出てこなくなったので」と、
以前にも話を聞いていたのですが、やはりオールドキリムの仕事を
ずっと続けるのは、難しいということでしょうか。
次にテヘランに行くときに、その会社を訪ねていってみようと思いました。

自分のお仕事が終わって、トルコのエリアへ戻ると、こちらはまだお客様がキリムを選んでいるブースがいっぱい。

会期中に一枚でも売りさばこうと、みんな必死です!
私にも、「少しは買ってよ?」という視線が飛んできて、ちょっと居づらくなってきました・・。
トルコのキリムは、イスタンブールに戻ってから買いますから?
2日間のハノーバー滞在を終えて、出展者のみなさんより一足先にイスタンブールへ戻ります!

Domotex2008 ハノーヴァー

日曜日は、出張の目的でもあるハノーバーのDOMOTEXへ。
ヨーロッパで行われるカーペット(=フロアカバーリング)の見本市です。

地下鉄を降りて会場へ。
フロアカバーリングがテーマですから、出展されている商品は、
敷きこみのカーペットからウッドフローリング、クッションフロアー、
機械織りのラグから手織り絨毯まで幅広く、会場もものすごい広さです。
私たちの目指す手織り絨毯は、14から18Hall です。

会場へ入ると、中央にCarpet Design Award のコーナー。
ここで、各部門の絨毯への投票があり、3月ごろ発表になるのです。
当店で取り扱いのある、ゾランヴァリ社からは、モノトーンの渋いオールドギャベが
出展されていました。洗練されたシックな雰囲気です?
私は、去年は店舗のOPENと時期が重なってしまい、DOMOTEXには来られなかったのですが、一昨年の2006年と比べると、手織り絨毯のエリア全体が、
なんとなく元気がないという印象を受けました。
ユーロ高なので、ヨーロッパの人は買いやすいのだろうと思っていましたが、
それよりも、じゅうたんの産地であるイランやトルコの物価の高騰のほうがはるかに早く、依然と同じ感覚では手織り絨毯は買えないのだそうです。
ここでも、手織りの敷物という文化そしてマーケットが、少しずつ過去のものになっていく気配を感じずにはいられません


トルコからの出展者エリアにもどると、ドイツ在住のトルコ大使館の人が、見学にやってきていました。
このブースで商品の説明をしているのは、イスタンブールでもお世話になっているバロルさん。
(説明といっても、このコーナーにあるのは全てイランのキリムなのだ!)
夕方にかけては、初めて手織り絨毯エリアを出て、
フローリングやタイルのコーナーを見に行きました。
手織り絨毯の物静かな雰囲気とは対照的に、フローリングコーナーはにぎやか!
直接自分の仕事とは関係ないけど、とても参考になりました。
 ⇒DOMOTEXのページへ
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです?

Heimtextile 2008 ハイムテキスタイル

ハイムテキスタイル2008
Heimtextile 2008 ハイムテキスタイル2008
フランクフルトメッセで行われる、テキスタイル・ファブリックの見本市へ、行ってきました。
荷物を持ったまま、空港から直行です!


会場はとにかく膨大な広さ。
カーテン、ベッドカバー&寝具、テーブルクロス、タオル&バス用品、というように、
おおよそ商品ごとにわかれて展示されています。
初めて行ったので、とにかく全部一通り見て回ろうと思って、端から歩きはじめましたが、見ても見ても延々と続くブースの数!
素敵なものがあれば、ベッドカバーとクッションだけはチェックしたいと漠然と頭の中にあったものの、あまりの商品の多さにほとんど素通りしてしまいました。
もう一日あれば、絞り込んで少しは詳しい話ができるのに? 


全体のトレンドみたいなものはよくわかりませんが、ヨーロッパの人たちがどれほどお部屋のことに関心があるか、ということが改めてわかった気がしました。
そして、そこにガッチリ入ってきているインドと中国のディストリビューターが、どれだけ進んでいるかということも。
私が雑貨の仕事をしていた1990年代は、インドの商品なんてまだ荒削りな感じで、「ヨーロッパ風のデザイン」というだけだったように覚えていますが、今はほとんどの商品生産の中核になっていることが、クオリティの高さからもわかります。
すごいなぁ。
久しぶりに、じゅうたん以外の世界を見て、気持ち的にちょっぴりリフレッシュ♪
ハノーバーへの飛行機が取れなかったので、仕方なく立ち寄ったフランクフルトでしたが、来てみてよかったです。

アトリウムにたくさん出ていた本屋さんで、何冊かデザインの本を買って会場を離れました。

Domotex2004

1月17?20日まで、ドイツ・ ハノーヴァーで開催されたDOMOTEXドモテックスというフェアに行って参りました。 世界で最大規模の、敷物の見本市です。機械織りの大量生産マットから、手織りの最高級絨毯まで、 世界中からありとあらゆる「敷物」がやってきます! わ?い華やか♪

上の写真は手織り&オールドのホールで撮った写真(本当は撮影禁止なんだけど)。
いったいどれだけの人、どれだけのお金、どれだけのカーペットが動くのか。想像するだけでワクワクします! 欧米のカーペット市場と敷物文化の奥深さを目の当たりにして、圧倒されっぱなしです?

見本市といっても、手織りのものはその場でどんどん売られていきます。百戦錬磨のバイヤーたちの、 買いっぷりはスゴイ!!

私がお手伝いにいったブースはこちら←。

キリムをはった木製家具とモルダヴィア、カラバーなどの大型キリムが中心です。 毎年訪ねてきてくれる古くからのお客さまも多くて、もっとも忙しいブースのひとつ!
開いたキリムを片付ける間もなく、次から次へと来客があってとにかく忙しいのです。おかげさまで、 4日間の開催期間があるのに、初日には持参した商品の半分がご売約です♪
これでも、今年はアメリカからの来客が少なくて、ソファーセットの予約が少ないんだそうです。

驚いたのは、カーペットの仕事をする人たちって、当たり前のようにトルコ語ができるんですよ!!  さっすが?
キリムを選ぶ感覚とそのスピードも、関心させられます。勉強になるなぁ。

それにしてもヨーロッパの方が好む色調って、こんなにも日本と違うのね。 モルダヴィアの花のキリムは、ものすごく人気があるそうなんです。あぁ、 10M2もある大型キリムがばっちり納まったお部屋を見てみたいものです。

今年の新作ソファーセットは、華奢な雰囲気のオリエンタルデザイン。 テーブルの天板までデザインをあわせたキリムがちゃんと貼ってあります。
優雅なカウチソファ。「パッチワーク」と呼ばれるのは、ペルデ(カーテン) だった薄いキリムをはぎ合わせたもの。昨年から、大流行しているんです!
 スタッフを紹介しますね?。イスタンブールでもいつもお世話になっています。

エルジュメン氏。ここの社長です。新しいアイデアはどんどん取り入れるビジネスマン! チェティンさん。やさしくて力持ちな彼は今回は荷造り担当。
ウーグール。セールス担当。5カ国語を話すハンサムボーイ。 たくさがわです。こま使い&日本のお客さま担当(ちょっとお疲れ)。

チャイがないと生きていかれないトルコ人のために?
トルコのブースが並ぶ一角には特別にチャイハネが用意されています。
(他の国のホールにはこんなのない!)
チャイやトルココーヒーは各ブースへの出前もOK。ドイツに留学に来ているトルコ人の女の子たちが、
持ってきてくれます。 さらに、生演奏でトルコ音楽を流していたりして、ムード満点(^^♪

このあたりの出展ブースはほとんどがイスタンブールの同じ地区からやってきたご近所さんなので、
みんな顔見知りで和やかな雰囲気です。

手織りの絨毯&キリムを扱うトルコのブースは、年々縮小されてきているという話を聞きました。
モダンデザインの新しい製品に押されぎみだということです。
普段ガラタバザールでも扱っているオールドキリムなどは、数も少なる一方ですし、
カーペット全体から見ると本当に小さな(でも特別な)市場だということがわかりました。狭いけれど、
奥が深?いのがキリムなのかもしれません!

最後に、私をハノーバーまで連れて行ってくれたエルジュメンさんに–みんなアービィ(お兄さん)
と呼んでマス–本当に感謝いたします。来年ももっとお手伝いできるよう、
がんばって勉強します?

(2004.1 たくさがわ)