Woman’s Costume of the late ottoman era

Woman's

Woman’s Costume of the late ottoman era

2010年、イスタンブルがヨーロッパの文化中心都市に選ばれ、
数々の展示会が催された中のひとつ。
サドベルク・ハヌム博物館での、オスマントルコ時代の女性たちの服飾展。
Woman's
花で縁取られた襟元、長く下がった袖、衣擦れのする裾、、、
優雅な宮廷女性たちのコスチュームを中心に、博物館の所蔵品が紹介されました。
イスタンブルでは、国立やエリアごとの博物館のほかに、
プライベートミュージアム数多くあり、(ほとんどは財閥系です)
貴重なコレクションを持っているところが多いです。
サドベルク・ハヌム博物館のコレクションも、コチ財団のサドベルク婦人の個人的なコレクションが
公開されているものです。
ウェブサイトには、バージャルミュージアムがありますので、
ぜひ一度ごらんになってみてくださいね。
サドベルク・ハヌムミュージアムへ

遥かなるイスタンブール 大トルコ展 – 文明と芸術

遥かなるイスタンブール

遥かなるイスタンブール 大トルコ展 – 文明と芸術
– サドベルクハヌム美術館コレクションの展示

2002年にサントリー美術館で行われた大トルコ展のカタログ。
イスタンブルにあるサドベルクハヌム美術館の展示品を中心に開かれた
展示会ということで、
古代の陶器やビーズのコレクションと、
オスマン時代の女性の服飾関連のコレクションに大きくわかれています。
この図録を手に入れたのは、実は2010年、サドベルクハヌム美術館のミュージアムショップで、
2002年当時の都内でのトルコ展は見に行ってなかったのが残念です。
やはり日本語で解説があると、わかりやすいですから…
遥かなるイスタンブール
サドベルク・ハヌム美術館のページへ

続きを読む遥かなるイスタンブール 大トルコ展 – 文明と芸術

Çatma And Kemha / Ottoman Silk Textiles

ottoman

Çatma And Kemha / Ottoman Silk Textiles

オスマントルコ時代のシルクテキスタイル=ベルベットについての資料
ICOC 2007 in Istanbul の特別展のエキシビジョンカタログです。
点数は多くはありませんが、オスマントルコ帝国初期から20世紀初頭までの
シルクテキスタイルの中でも、特にトルコらしい伝統的デザインのサンプルが
紹介されました。
現在、ガラタバザールでは、オスマントルコ時代のデザインをアレンジしたファブリックを
ベッドカバーやクッションでご紹介していますが、
ユニークなチントマニ柄や、チューリップモチーフの起源をこの展示会で見ることができました。
ottoman
ファブリックデザインや、テキスタイルの歴史を研究されている方におすすめしたい一冊です。
入手方法はトルコ現地の博物館のショップ、または博物館のウェブサイトなどで。

続きを読むÇatma And Kemha / Ottoman Silk Textiles

オスマントルコの女性たち – 花に彩られたくらしと美術 – Women in Ottoman Age

オスマントルコの女性たち

オスマントルコの女性たち – 花に彩られたくらしと美術

2003年 日本におけるトルコ年 で
ヤプ・クレディギャラリーにあるオスマン時代の女性たちの生活・文化に関する展覧会のカタログ。
衣装からアクセサリー、化粧道具、家具などの調度品にいたるまで
宮廷生活の女性たちの華やかな道具が集められています。
オスマントルコの女性たち
オヤ刺繍で襟元を飾ったガウンや、刺繍のハマム用タオルなどなど
こんなに手の込んだものを使っていたのかと、ため息がでます。